健康

痛みには弱い

健康
BedexpStockによるPixabayからの画像

今日もスッキリしない天気。確定申告の準備で最近はパソコンとにらめっこ。だからだろうなぁ~気分が晴れない。先週は息子に会いに出かけてはいるが気持ちのどこかに重たいものがあって心の底から楽しめていない。いや、楽しいし嬉しいのだけどね・・・やはり相当気をつかうので相当疲れるのも事実。おかげで50歳越えのわたしの身体はもうボロボロ(笑)

数日前から腰が痛い。立ち上がるときに「いてててて・・・」と言いながら立ち上がるのだが、昨日からそれが激痛に変わった。

私は痛みにはめっぽう弱くてすぐに痛み止めを飲んでしまう。今日も起きてすぐに痛み止め。ロキソニンをコーヒーで流し込む。痛みに耐えているよりはいいと思うのだが、亡くなった母はこういう薬はむやみに飲んではいけないと言う人だった。だから生理痛がひどかった私の中学時代はいつも学校でたおれて保健室で薬をもらうという・・・(-_-;) そのうちに母も見るに見かねて痛み止めを飲むのを許可するようになるのだけど・・・。確かに痛み止めばかり飲みすぎて効く薬がなくなっていった。

インフルエンザに感染した際に処方されたカロナールが全く効かなくて・・・激しい頭痛に耐えられなくなってロキソニンをこっそり飲んだこともある(本当はダメらしい) もしロキソニンが効かなくなったらどうなるのだろうと不安だったりするがここまで来てしまったら仕方がない。

そしてそんな母は、晩年、がんを患い術後の傷の痛みにもできるだけ痛み止めを飲むのを我慢していた。処方された薬を見たらカロナールで・・・。「こんなのものすごく弱い薬だから痛かったら飲めばいいんだよ~」と言っても飲まなくてね~痛いのをぐっとこらえていた。結局、そこから数か月後に腹膜播種を起こして痛み止め云々という話ではなくなってしまうのだけど・・・。

今は息子も心療内科でもらった薬を結構飲んでいるのだけど・・・。母がまだ生きていたら「そんなに薬ばかり飲んで大丈夫なの??」なんて大騒ぎしていただろうなぁ~(~_~) 

そんな薬嫌いの母なので・・・もし健在だったら、ワクチン接種しただろうか?なんて考えたりもする。そんな母に長年連れ添った父は当たり前のように明日、3回目のワクチン接種だそうだ。これで「ワクチン3回打ったから大丈夫だ!」なんてまた言うようになるんだろうなぁ~(笑)でも、副反応もなく元気だったらまだいいのだ。とりあえず何事もないことを祈るばかりだ。

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
greyをフォローする
ぐれいずだいありぃ-2さつめ

コメント

  1. ハピハピハート より:

    わたし、お母さま派です(^_-)-☆
    薬はほとんど飲まないかも。
    貼り薬や塗り薬ならそんなに抵抗なので、腰痛のときは湿布を貼ります。
    以前は「湿布なんて、肌に貼っても効かないでしょ」と思っていましたが、ナースの妹に「皮膚から吸収されるんだよ」と聞いて、それから貼るようになりました(笑)

    痛みに強い弱いって、本人の痛み度合いが分からないから、分かってあげたいけれど分かってあげられず( ;∀;)
    どのくらい痛いんだろう?って、いつも心配になります。

    応援p★(^_-)-☆

    • grey grey より:

      ハピハピハート様
      本当はあまり飲まない方がいいのでしょうけど・・・
      痛み止めは痛みがひどくなってからだとなかなか効かないので
      すぐに飲んでしまってます(^-^;
      私はホント・・・痛いの嫌いなので(笑)
      ハピさんだったら我慢できるのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました