映画

自分が嫌いになりそうなときに見る映画

映画

忙しかったパートの日。シンとした自宅のリビングのソファーで横になり、大きなため息をつく。やるせない気分。何があったというわけではないのだけど、疲れとむなしさと色々なものがまじりあう。ふと自分が嫌いだと思った。

テレビをつけてリモコンで色々なチャンネルにかえていく。4月からBSチャンネルに新たなチャンネルが増えた。松竹のチャンネルでやっていた「マダム・イン・ニューヨーク」というインド映画に釘付けになった。

夫や子供に英語が話せないことをバカにされ、容赦ない言葉に傷つく主人公シャシ。彼女が姪の結婚式のために単身ニューヨークに渡る。最初は英語が話せないために怯えて打ちひしがれている彼女が、4週間で英語が話せるようになるという英会話学校に通うようになり・・・。

もうね~この主人公のシャシがめちゃくちゃ美しい。ほれぼれするくらい美しい。そしてお話が進むにつれてどんどんカッコよくなっていく。最後の彼女の英語でのスピーチはもう泣いてしまった。

それは結婚の終わり?違うわ。自分で自分を助けるときよ。自分を助ける最良の人は自分。そうすれば対等の気持ちが戻ってくる。人生は輝くわ

マダム・イン・ニューヨークより

人は自分のことが嫌いになると、自分の周りもイヤになって新しさを求める。でも、自分を愛することを知れば、古い生活も新鮮に見えてくる。

マダム・イン・ニューヨークより

随所に私への励ましの言葉??と思えるような名言の数々。私も英語は苦手なのでね~ シャシのように何か始めてみたら・・・自分が好きになれるかなぁ~なんて思ったりして。とにかく、明日も頑張ろうって思ったのだ。

インド映画なのに、踊らないの?と思っていたら踊ります(笑)でも、とってもチャーミングに踊ります(≧▽≦) 

それにしてもこの女優さん(シュリデヴィ)は美しい。これまたビックリなことにこの映画の出演時は私とほぼ同世代だったそうで・・・。ただ、この数年後にお亡くなりになっている。享年54歳。

本当に素敵な映画で、もう一度見たかったのだが、Amazonプライムでは視聴できないようだった。残念!! Netflixなら見放題で視聴できるようだ。う~~~ん、やっぱりNetflixかぁ~

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
greyをフォローする
ぐれいずだいありぃ-2さつめ

コメント

  1. アイスもなか より:

    お久しぶりです、greyさん。

    アマゾンプライム加入(私はこういうの全く疎いので、加入という言葉が適切か分かりません)されてるのですか?
    5月、アマゾンプライムで「天外者」が見放題~って、情報見ました。そう、春馬くんの主演映画です。春馬くんの熱演・・・もう春馬くんじゃなくて五代友厚さんにしか見えない。春馬くんなんだけど、春馬くんじゃない。
    本当~に素晴らしいので、もしよろしかったら、ご覧ください。(^-^)/

    「マダム・イン・ニューヨーク」という映画は、知らなかったけど、私も夫や子供たちに、ひどいこと言われて傷付く日々。夫は前からそうだったけど、子供たちも・・・何で私がそんなこと言われなきゃいけないのー!?って納得いかないことが増えました。(#`皿´) 
    反抗期?子供の成長といえば、そうなんでしょうけど。
    相変わらず、ブサイクだの、頭悪いだの、死 ねだの、ですよ。

    実は「天外者」4月にCATVで放送されたんですよ。録画して、娘と一緒に見たけど、次男がめちゃくちゃ邪魔してきて、私の頭をかるーく小突いたり、目の前を塞いできたり、TVの画面で春馬くんが映ってるところを隠したり。
    始めは、かまってほしいんだなーとか、猫が飼い主の読んでる新聞に乗って来るようなもの、と思ってたけど。あんまりにもしつこくて、1時間以上も邪魔してきて、見るの中断しました。何度止めてと言っても、ひっぱたいても、やめないし、「切れてるー」と笑ってるし。しまいには、タブレットで動画見て、音楽聞いてるし。「2階で見なよ」と言ってもかたくなに、私の隣で動画見続ける次男。なら、一緒に見ようというと、「いやだ、こんなクソ映画」とまで言う。
    で、見るの中断すると「あれー?見ないのー?見なよー」

    本当、我が子ながら何でこんな子に育ったのかと、情けなくて悲しくて。(:_;)子育て失敗したのかなぁと、もう本当イヤになりました。幼稚園児ならまだしも、親が映画見てる2時間くらい静かに出来ないのかと。

    娘は、天外者、「思っていたよりかは面白かった」と言ってくれましたが、私が春馬くんの動画見てると、さーっと離れていくし、長男は「あんなの見るなら、プリキュア見た方が良い」とボソッと言う。あんなの、って。春馬くんをあんなのって!(怒)私のことが気に入らないから、私が好きなものも、気に入らないんですね。春馬くんに申し訳ない・・・(T T;)
    春馬くんは、素敵な人なのに・・・

    相手が好きなものを、むやみに否定するような子育て(生き方)を、私はしてきたつもりないんだけど・・・なるべく、何事も肯定的に育てて(生きて)きたつもりなんだけど・・・
    何でこうなったのか・・・

    すみません長文で。

    • grey grey より:

      アイスもなか様
      「天外者」少し前にみましたよ~
      Amazonプライムで見放題でしたけど今は有料になってしまっています。
      ホント、素敵な五代さんでした(*^^*)

      次男さん、アイスもなかさんに甘えているのでしょうね。
      構ってもらいたくて仕方がない感じ(笑)
      息子も小学生の高学年の時、そんな感じの時がありました。
      嫌がろうが何しようがベタベタしてやりましたけど・・・(笑)
      だんだん、あまり話さなくなってきて、これもそのうちにかわってくると思います。
      親の好きなタレントさんをけなすのもあるあるだと思います。
      まあ~じゃれてきているのでしょう。
      可愛いですね(*^^*)次男さん!(^^)!
      今のままでもじゅうぶん素直でいいお子さんたちだと思います!!

タイトルとURLをコピーしました