映画

うちにはあるのか「夫婦のきずな」

marla66によるPixabayからの画像

最近の夫は息子のこともありかなり協力してくれる。たまに意思疎通がうまくいかずにモヤモヤすることはあるのだが・・・これまでのようにお互いに衝突することも少ない。今までは年中夫に対してイライラしていたのだけど、今は家族協力すべき時だからだろうな~とも思うけど、まあ~私自身が夫どころではないというのもある。

さて、先日・・・夫の生命保険の更新通知が来た。そのままの補償で更新すると値段が毎月3千円ほど上がるようだ。それでもあと10年、夫にもしものことがあったら非常に困るのでそのまま更新することにした。私のほうは更新してまだ間もないのでしばらくは大丈夫なのだが・・・。ところで、私にもしものことがあったら夫はキチンと手続きができるのだろうかと不安になった。一度、保険の証券や実印、通帳のことなど話そうとしたら「なにかあるのか?」「体調が悪いのか?」と言い出して聞く耳を持たなかったのでそのままになっている。今は元気でも何が起きるかわからないのでね。わかるように整理して書き出しておかないと・・・そんなことを考えていた時にちょっと気持ちが温かくなる映画を見た。

クリスマス・イン・コンウェイ

こちらがprimevideoの説明文。

長く入院していたスージーが帰宅した。24時間体制のケアが必要な状態の彼女に、夫のダンカンは何よりの薬として忘れられないクリスマスプレゼントを贈ろうと奮闘する。なんと自宅の裏庭に、観覧車を造るというのだ。若かった遠い昔、ダンカンがスージーに求婚したのが、ある遊園地の観覧車だったからだ。

Amazon primevideo説明文

この映画・・・夫役がアンディ・ガルシアだったので見たのだが・・・。最初に出てきたとき、「え???このおじさんがアンディ・ガルシアなの??」とちょっと衝撃だった(笑) なにせあれは高校生の時、「アンタッチャブル」という映画で初めて彼を見た時にハートをぶち抜かれましてね~(大袈裟ですが) 最近はあまり見たことがなかったのだが・・・いや、もうすっかりお腹も出たおじさんでね。仕方がない・・・私もおばさんなのでね~と気を取り直して見始めると・・・。やっぱりアンディすてきだわ(笑) 病の妻を見るときの優しいまなざし。他の人にはぶっきらぼうで嫌味な奴でも妻にだけはひたすら優しくて・・・。もう見ていて切なかった。こんなに愛されて奥さんしあわせだと・・・。もし、私がこうなったとき夫はどうするだろうか?そう考えるとおそらくここまでは出来ないだろうな~とも思う。きっと私は病院からは戻って来られないのだろうね~なんて考えながら・・・結局最後には号泣。

この映画には「This is us」でレベッカ役をやっているマンディ・ムーアが看護師役で出ている。彼女や周りの人たちがまたいい人ばかりで・・・ツライ話題だがとても心が温かくなる。もうじきクリスマス・・・クリスマスなんて~と思っているが、こんな映画を見るとなんとなく優しい気持ちになれる。夫にも・・・ちょっとだけ優しくしようかなと思ったりするのだ。

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
greyをフォローする
ぐれいずだいありぃ-2さつめ

コメント

  1. 夫にやさしくなれる映画?
    いいかも~( *´艸`)みなきゃね~(笑)

    応援ポチ★

タイトルとURLをコピーしました