映画

たちあがる女

映画
tomasiによるPixabayからの画像

今日は息子と夫が出かけていた。この二人が出かけると言ったら釣りくらいなのだが(笑)それでも自然の中でのんびりボーっとできる時間が長いせいか息子は長時間外出していられる。帰りにガソリンスタンドによったのだが、PayPayで支払うとポイントが20%戻ってくると言うキャンペーンをやっていたらしく夫が「こんなにも戻ってきた」と大きな声ではしゃいでいて恥ずかしかったと笑いながら話していたが、帰宅後も楽しそうに夫と話している姿を見てホッとしたのだった。

さて、今回のお題の「たちあがる女」・・・先日、primevideoのおすすめに出てきてみたのだが・・・。

アイスランドの田舎町で聖歌隊の講師をしている主人公が地元の環境を守るために一人で破壊活動をやるというお話で・・・。

アイスランドという国は私にとっては遠すぎて未知の国で・・・確か住みやすい国でも上位だったのではないかしらん。でもこの映画でも出てくるのだが、アイスランドの政府が電力供給のために勝手に豊かな自然を破壊して水力発電の施設を作ってしまったという事実があって・・・。しかもその電力は米国企業が所有するアルミ精錬所に電力を供給するためで・・・。まあ~背景にそんな事情があるのだろう。ただ、この主人公。もう「ド強ぇ~」のだ。この映画はコメディとなっていたがアクション映画さながらに戦う。

環境破壊、SDGs・・・これも私にはよくわからなくて(笑) あまり過激に狂信的になってしまうと何が正しいのかわからなくなる。しかも活動家たちが行動すると過激になりがちだったりするし・・・。それでも最近の気象状況などを考えるとやはり環境破壊の影響なのかとも思うんだけどね。

まあ~この映画。BGMの演奏が面白かったり、外国人観光者役の扱いが笑えたり・・・それでもなかなか不思議な映画だった。不思議だったが面白い。なかなか爽快であっという間に見終わったのだった。私も立ち上がらなくては!!!とはならなかったけど(笑) 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
greyをフォローする
ぐれいずだいありぃ-2さつめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました