息子

それって有名な病気なの?

息子
Wolfgang ClaussenによるPixabayからの画像

今日から仕事始めの方が多いせいか?夕べはラストオーダーの頃にはすでにお客さんもいなくなっていて・・・おかげで半ばふわふわしながら、よくわからない状態の私でもなんとか仕事を終えることができた。

今日もいいお天気で・・・気分もよく、夫と一緒にショッピングモールへ出かけた。そこそこ人出もあったが、昨日までのことを考えたらそれほどでもなかったのだろうなぁ~ なにせ、このお正月は人の集まりそうなところにはほとんど出かけなかったのでねぇ~(笑) まあ~私の職場のファミレスでさえ激混みだったので・・・想像しただけでもおそろしい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

結局、息子はお正月はほとんど部屋で苦しんでいたようだ。今は症状もだいぶ治まったようだが、胃が小さくなってしまったようで、今までの半分でお腹がいっぱいになるらしい。

その本人、ずっと「カンピロバクター食中毒だ!!」と騒いでいたのだが、そんな病気を聞いたことがなかった私は、「またまた、適当な病気を見つけて騒いで!!」とずっと取り合わないでいた。何だったら、「本当はコロナだったんじゃない??」くらいに考えていたのだけど(笑)

夕べ、職場の同僚の大学生君に、「息子が居酒屋で食べた鳥のレバーにあたって、食中毒を起こして寝込んでいたのよ~」と話したら 「それ、カンピロバクターじゃないですか!!」と言われてびっくり!!

あら、いやだ!そんなにみんな知っている病気なの??と私。帰宅して調べてみると

ウシやヒツジ、ブタ等の家畜で流産や腸炎を起こす菌として、1900年頃から知られていましたが、1970年代に入ってヒトにも腸炎を起こすことが判明し、我が国においても1982年には食品衛生法で厚生省に報告する食中毒事件票の「病因物質の種別」の中に加えられ、食中毒起因菌として指定されました。

愛知県衛生研究所

また、2001~2019年に発生した全国のカンピロバクター食中毒事例のうち原因食品が判明したのは7,333件中3,465件で、そのうち1,039件が肉類・加工品と報告されています。特に鶏の刺身やタタキ、鶏レバー等の生や加熱不十分で摂食する鶏肉料理が原因食品となっていることが多いです。

愛知県衛生研究所

確かに、息子・・・鶏レバーがナマっぽかったと言っていた|д゚) 一緒に居酒屋に行った友達も同じように発熱からの下痢だったので、やはり食中毒なんだろうねぇ~ 

いや、それにしても、その居酒屋・・・大丈夫か? お正月とコロナ禍で病院に相談するも診察してもらえず、整腸剤くらいしか処方できないと言われ・・・(;^ω^) 今更、病院へ行っても、その居酒屋の責任なのかもはっきりできないだろうし、まあ~今回は泣き寝入りなのだろう。とりあえず、変わったものは食べないに限るのだと好き嫌いだらけの私が言ってやったのだけど・・・説得力ないよなぁ~(笑)

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
greyをフォローする
ぐれいずだいありぃ-2さつめ

コメント

  1. きらら より:

    はじめまして!
    うちの息子も大学生の頃、まさに居酒屋の鶏レバーで同じ状況でした(T_T)
    お大事にされて下さい。

    • grey より:

      きらら様
      こんにちは(*^^*)
      コメントありがとうございます。
      やはり、居酒屋の鶏レバーだったんですね|д゚)
      おかげで息子は、鶏肉が食べられなくなりました(笑)

タイトルとURLをコピーしました